Home Products About Us お問合せ 海外代理店 >>English

究極の通が求めているもの

多くの卓上型の基板加工機メーカーがある中で、ミッツの基板加工機が
なぜ試作経験の豊富なプロに選ばれ、愛用されつづけているのか。

どのような点がお客様にとって、ミッツの加工機を選ぶ際のポイントになり、
購入後の満足につながっているかを解説します。



安定した0.1mm (100µm)以下のLine and Space加工

  近年、RF回路作成にPrototyping Machineが非常に多く使われるようになりました。
RF回路では、正確なLine and Spaceが要求されます。

例えば、100µmのLine and Spaceを加工するには、他社の加工機および従来の
エッチング方式(化学方式)では作成できません。

そのような微細な加工が可能なのはミッツの加工機だけです。
それが世界のRF Customerに愛用されている理由です。

さらに詳しい解説はこちら>>

スピンドル回転数が高ければ高級機か?

  プリント基板の量産工場においては、生産性の向上のため200,000回転以上の
スピンドルモータを使用し、約700bit/分の穴あけを行っています。

しかし卓上型試作機には、それほどの回転数のスピンドルモータは
必要ないのではないか
と ミッツでは考えています。

このような高い回転数のスピンドルモータは、モータ自体の口径が約65mm以上と大きく、
価格も高くなり、メンテナンスも重要になるからです。

ミッツでは適切な回転数で気軽に試作基板ができることを大切にしています。

さらに詳しい解説はこちら>>

アクリルや厚い素材に対応

  プリント基板加工機の主な用途は基板加工ですが、ミッツでは基板以外の素材も加工したい
というご要望に適した機種をご用意しています。

さらに詳しい解説はこちら>>

加工機の加工範囲より大きな基板も加工できる

  EASY CADとカメラを組み合わせることにより、加工機の加工範囲より大きな基板を
加工できます。

さらに詳しい解説はこちら>>

総合カタログ

日本語版
(PDF file / 1.8MB)