世界初「ゴム硬度2」実現。「まるで人肌」の樹脂造形

ミッツは造形材のやわらかさを数値で明確に表現

「やわらかい造形ができる」というPRを最近よく目にするようになりましたが、「やわらかい」という表現だけでは程度がわかりにくいものです。ミッツでは、樹脂の硬さを明確に数値で表現しています。
樹脂の硬さは、ゴムショアAという基準で表します。

ミッツの取り扱い樹脂の硬度と対応機種

ミッツでは3Dプリンタ業界で初のゴムショアA:5の樹脂を販売し好評を得ていますが、この度さらにやわらかい、ゴムショアA:2のゴムライク樹脂を新発売しました。

ミッツのオリジナル樹脂 やわらかさの目安 特徴や用途例
ゴムショアA2樹脂 NEW  耳たぶ 人体モデルなど
ゴムショアA5樹脂 皮膚、臓器、マシュマロ 義手のグリッパー、臓器模型など
ゴムショアA13樹脂 ゴム 弾力性が要求されるソフトロボティクス用途 (ベローズなど)
ゴムショアA50樹脂 タイヤ ロボットの硬質ゴム部品
耐熱性アクリル樹脂 (硬質) プラスチック 硬質な部品
ゴムショアA25弾性樹脂 NEW プラスチック消しゴム 空気ポンプ、アクチュエータ、タイヤ