サポートが少ない造形例

コーター方式の特長によって、図のようにサポートの少ない造形物ができるようになりました。サポートの数が少ないことで、造形材の使用量も減らせます。