ランニングコスト

ランニングコスト比較

インクジェット方式3Dプリンターは装置価格が高額な上、ランニングコストも年間200万円位と高額で、購入したが運用維持できないという例があります。

また、低価格FDM機は安価で導入できますが、造形の失敗や故障が多い、一年使用で致命的な故障が起きた、出張修理費を見積もったら高額なので買い替えになった、という例があります。

ミッツ3Dプリンターはプロフェッショナルタイプとしては低価格で導入でき、高精度・高速造形が可能です。部品交換が必要な機構ではないので、メンテナンス費用が抑えられます。
造形後余った樹脂は保存・再使用できますので樹脂を無駄にしません。ランニングコストも低価格であることをお約束します。